自分の価値を社外で正しく伝える自己紹介 〜コミュニティ時代における、自分の価値を届ける方法〜


イベント詳細

  • Date:
  • カテゴリ:

自己紹介はどうされていますか?会社名、役職、名前と自分の仕事を伝えて終わりが多いのではないでしょうか?お待ちください。ビジネス以外の場所ではどうしていますか?会社名や肩書きだけであなたらしがきちんと伝わりますでしょうか?年次、趣味、出身地などを話してもその場の世間話のネタになればラッキー程度で、あなた自身のブランド、強みには伝わらないのはわかっているでしょう。あなたらしさが伝わり、自信のブランディングに繋がる自己紹介をどうしてらいいか?実は会社では教えてくれないものなのです。

ファシリテーターの松本 利明さんはリーダー選抜、人材育成など人事のスペシャリスト。PwC、マーサーアクセンチュアなどで20年以上人事改革をしてきました。5万人リストラし、6000人のリーダーを選抜してきた視点から、自分を伝える自己紹介の方法をレクチャーしていただきます。高嶋 大介さんは、100人カイギというコミュ二ティを通じて多くの人と会ってきました。コミュ二ティ運営者の観点から自分を伝えるヒントをレクチャーそていただきます。

コミュ二ティ時代において、自分の価値を伝える自己紹介を考えるワークショップです。

▽イベント概要
日 時:2018年9月22日(土)10:00~12:00(開場9:45)
場 所:BOOK LAB TOKYO 渋谷区道玄坂2丁目10−7 新大宗ビル2F

Information


人 数:30名
参加費:¥2,000(1ドリンク付き)

▽タイムスケジュール
10:00〜10:30 ネットワーキング
10:30〜11:50 ワークショップ
11:50〜12:00 クロージング
12:00〜12:30 片付け・撤収

▽ファシリテーター

松本 利明 さん
人事戦略コンサルタント。PwC、マーサー、アクセンチュアなどのプリンシパル(部長クラス)を経て現職。24年間で世界や日本を代表する大企業からベンチャーまで600社以上の人事改革に従事。5万人以上のリストラと6000名以上のリーダー選抜を行った中で見えた仕事術やキャリアの作り方についてまとめた『「稼げる男」と「稼げない男」の習慣』(明日香出版社)はベストセラー。「ラクして速いが一番スゴイ」(ダイヤモンド社)は近著。
現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。
日本人材マネジメント協会(JSHRM)執行役員、東京ワーキングママ大学アドバイザー、HR総研 客員研究。
日経、AERA、週刊SPA!、から英国BBC放送など、メディア取材や寄稿、講演多数。

▽アシスタント

高嶋 大介 さん
富士通株式会社 マーケティング戦略本部 デザインシンカー/一般社団法人 INTO THE FABRIC 代表理事
大学卒業後、大手ゼネコンにて現場管理や設計に従事。2005年富士通入社。
ワークプレイスやショールームデザインを経て、現在では企業のワークスタイル変革や自治体の将来ビジョン、
地方創生のデザインコンサルティング、デザイン思考をベースとした人材育成などを担当。
「社会課題をデザインとビジネスの力で解決する」をモットーに活動中。
2014年より共創の場であるHAB-YUを軸に人と地域とビジネスつなげる活動と、新しい働き方を求め2017年から会社公認で副業を行う。

主 催:一般社団法人INTO THE FABRIC
共 催:HRステラテジー